読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャ●●ーズエンジェルが印象に残ったインデックス投資オフ会(ムサコ会)に参加しました。

f:id:tacaci:20160515165543j:plain

5月13日に武蔵小杉近辺で開催されたインデックス投資オフ会(ムサコ会)に参加しました。

参加メンバー

参加メンバーは以下の通りでした(50音順)。

ちなみに、WATANKOさんにお会いするのは2回目でしたが、twitterのアイコンそっくり(髪型・眼鏡・あごひげの3点セット) になっていて驚きました。もちろん似合っていました。

オフ会の内容

印象に残った(=覚えている&ブログに書ける)ことを簡単にまとめます。

インパクトのある愛称を持つファンドの話

過去の高コスト時代のファンドの話から派生して、妙に記憶に残るファンド名称が 飛び交いました。あくまで愛称が印象的であって、ファンドの中身が素晴らしいという話ではありません。

チャイニーズエンジェルの元ネタは書くまでもありませんが、 調べてみると映画版でも2000年と2003年の公開のため もしかすると知らない世代の方もいるのかもしれません。 個人的には巧い愛称だなと感心しましたが。

釣堀で魚を釣る話

釣堀を「市場」、魚を「得られるリターン(利益)」に喩えた話でした。 釣堀自体を悪く言いながらも、その釣堀で自分は魚を釣れると言うのは理解に苦しむ面があります。 別の魚が釣れる釣堀を探す方が効率的と言われかねず、釣堀自体を必要以上に悪く言う必要はないのではないかと。

減損の話

一見、投資と減損は直接は関連しない話にみえました。
しかし、適正な企業価値に正す減損は割高な価格で購入することを防ぐため、 投資をする立場からは必要なものという話を聞き、なるほどと考えを改めました。
(一方で企業側の関係者にとって減損は責任問題に繋がるため葛藤もありますが)

自分自身は投資といっても、今までアセットアロケーションを考えて 定期的に積み立てていくことしか考えていませんでした。 減損を始めとする経理・会計の考えが、投資に関わってくることを 今さらながら実感しました。

あとがき

冒頭の写真は店に入るときに目に入ってきて注文しようかと思っていましたが、 どうやら販売開始になっていないようで、まだ新じゃがは届いていませんでした。 機会があれば忘れずに注文するために写真に撮っておきました。

なお、今回は4時間弱の滞在で一人当り2,300円でした。 2,000円越えは久しぶりの気もしますが、男性比率が高くアルコール消費量も多めでしたので、 その割には格安だったのかもしれません。

あわせて読みたい