読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」に投票しました。

f:id:tacaci:20151122231745g:plain

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」に投票しました。 2007年から開催されているようですが、私が投票するのは今回が初めてになります。

前回はまだブログを始めていなかったため、投票はせず結果発表だけ会場に聞きに行きました。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」とは?

主催者のサイト(投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015)から引用します。

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。 投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、 それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

自分が事情通なのかはさておき、せっかくの機会ですので投票しました。

投票内容について

自分が保有しているかに関係なく、2015年に話題になったと感じたファンドに投票しました。

具体的には、下記のDC向けファンドの一般開放や、 対抗措置として(と感じていますが)ライバルファンドの信託報酬率の引下げ、 またこの信託報酬率の引下げに伴って証券会社のポイントサービスが対象外になったことが 話題になったと感じており、自分なりに5票を按分して投票しました。

あとがき

2016年1月15日に行われる投票結果の発表を楽しみにしています。 また、2016年も既存ファンドの信託報酬率引下げや、魅力的なファンド新設を期待しています。

ひょっとすると、2016年以降は証券会社のポイントサービスが対象外になってしまうほどの 低コストファンドが増えていき、それが当たり前の時代になっていくのかもしれません。

あわせて読みたい