読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」に参加しました。

f:id:tacaci:20160116214535j:plain

1月15日(金)に日比谷コンベンションホールで開催された 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」に参加しました。

内容やトークセッションで印象に残ったことをまとめます。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」について

まずは「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」について主催者のページから引用します。

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。 投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、 それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015より

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」の詳細について

内容については、すぱいくさんがほぼリアルタイムで詳細にまとめていますので、 そちらをご覧になることをお勧めします。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」の結果

上位10位までの商品と前回順位をまとめます。 なお、私が保有しているのは1位の「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」だけでした。

上位10位のうち7つの商品が前回も10位以内であり、安定した根強い支持があると考えられます。

順位 商品名 運用会社 前回順位
1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド ニッセイアセットマネジメント 1位
2位 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド 三井住友アセットマネジメント 今回初
3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT) ザ・バンガード・グループ・インク 2位
4位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド セゾン投信 3位
5位 ひふみ投信 レオス・キャピタルワークス 6位
6位 eMAXIS バランス(8資産均等型) 三菱UFJ投信 5位
7位 結い2101 鎌倉投信 4位
8位 世界経済インデックスファンド 三井住友トラスト・アセットマネジメント 7位
9位 ひふみプラス レオス・キャピタルワークス 16位
10位 iシェアーズMSCI日本株最小ETF ブラックロック・ジャパン 今回初

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」のトークセッションについて

トークセッションのテーマは以下の3つでした。

  1. 投資はじめました
  2. 相場が動きました
  3. 投信にコスト革命

印象に残ったことを箇条書きでまとめます。

  • 投資相談の中で経験者ではなく初心者の割合が増えてきている。投資のきっかけはNISAよりも企業型確定拠出年金が多い。
  • 真面目な人ほど色々情報収集した結果、投資信託の保有本数が増えてしまいがち。あまり真面目になり過ぎず、 投資と適切な距離感を保つことが重要。投資が観葉植物のように、ただ当たり前のように居るだけの存在になると良い。
  • 相場は予測できないのでアップダウンを前提に投資すべき。年に1回は10%程度の急落を想定した方が良い。
  • 相場が下がらないと積み立て投資を行う意味が薄れる。相場が下がったときは同じ投資額で購入できる口数が増えることを意識する。
  • 毎朝相場をチェックした場合でも、最初のハラハラドキドキ状態から、次第に日々の体調確認のような位置づけになる など経験を積むことで見方、心構えが変わってくる。

投資のきっかけが企業型確定拠出年金なのは、まさに自分と一緒だなと共感しながら聞いていました。 また、投資との距離感、長期的なつきあい方についても、「観葉植物」のたとえがとても印象的で参考になりました。

あとがき

相場が急落するなかでのイベントでしたが、トークセッションや上位入賞の運用会社のコメントで 笑いが起きるなど終始なごやかな雰囲気でした。

今年も淡々と投資を続けて、次回の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」の投票、 ならびにイベントに参加したいと考えています。

あわせて読みたい