読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企業型確定拠出年金のマッチング拠出の増額は忘れずに。

企業型確定拠出年金は企業側の拠出額に加え、自分自身でも一定額を上乗せ拠出することが可能です。 この自分自身が拠出する部分がマッチング拠出です。

拠出額の条件について

拠出額の上限については企業により月額55,000円の場合と月額27,500円の場合があるようですが、 私の場合は上限27,500円です。

マッチング拠出の限度額は以下の通りになります。

  • 企業側拠出額と同額以下(企業側拠出額≧マッチング拠出額)。
  • 企業側拠出額とマッチング拠出額の合計は27,500円以下(企業側拠出額+マッチング拠出額≦27,500)。

ちなみに私はマッチング拠出を最大限行っていますが、上限の27,500円には遠く及びません。

拠出額の変更

私の記憶では勤務先の社内サイトや社内メールでも特に連絡がなかったため、 なかなか気付きませんでしたが、 来月分から企業側拠出額が200円程度増えていました。

(とはいえ、年度が替わると拠出額が変わることは想定していたので 定期的にチェックしていました)

その結果、マッチング拠出額も200円弱増やすことができますが、 当然のことながらマッチング拠出額側は自動的には増えることはありません。

そのため、さっそくマッチング拠出額も200円弱増やして 企業側拠出額を同額の設定にしておきました。

この説明をイメージでまとめると以下のようになります。 f:id:tacaci:20150426213514j:plain

ちなみに私の場合は合計400円弱増額しても、上限の27,500円には遠く及びません。

まとめ

企業型確定拠出年金のマッチング拠出の注意事項を簡単にまとめます。

  • 企業型確定拠出年金の拠出額は毎年変わる可能性がある。
  • 企業側拠出額が増えた場合でもマッチング拠出額は自動的には増えないため、 必要に応じて自分自身で拠出額を増やす必要がある。

もちろん、マッチング拠出額も自動的に変更する設定があったり、 またマッチング拠出額を増やす必要がなかったりする場合には、この注意事項は当てはまりません。

来年もこの時期にマッチング拠出額の確認を行います。

あわせて読みたい